ハナヘナの使い方、染め方をイラストでご説明!

普段、おうちで市販の白髪染めを使っている方は、はじめてのヘナに戸惑うことも多いと思います。化学染料による白髪染めとヘナでの塗り方はやはり違うものです。

「どうやって染めたらいいのかわからないよ~」という方のために、イラストでハナヘナの使い方をわかりやすく説明しています。ハナヘナをセルフで塗るやり方の参考になればと思います。

1.はじめてのハナヘナの前に準備するもの

はじめてのハナヘナをする前に準備するものです。シャワーキャップはラップで代用してもらってもかまいません。垂れ防止には、ティッシュでも厚めのキッチンペーパーでもOK!

はじめてハナヘナを使うときは、念のためお風呂場など床が汚れてもいい場所でするほうがいいかもしれません。

2.ハナヘナペーストの作り方

ハナヘナペーストは粉1に対してだいたい3.5倍~4倍の水、またはお湯を入れて作ります。経験上、ハナヘナナチュラル単品なら4倍、ハーバルブラウン、ハーバルマホガニー、インディゴの場合は3.5倍ほどの水かお湯を入れて溶くのがいいようです。人によって塗りやすい粘度があるので微調整しましょう。お湯を使う場合は人肌より少し熱いくらいにしてください。熱湯で溶くと色素が失活してしまい染まらなくなります。使用量はイラストを参考にしてください。

ドレッシングボトルで塗る場合

初心者におすすめです。特に、根本だけに塗ることが簡単にできます。ただしマドラーで混ぜるより少し混ぜにくいのでしっかりと振ってください。

手で塗る場合

図の分量でボウルを使って混ぜてください。ヘナは比較的だまになりやすいのでしっかりと混ぜてください。マヨネーズの硬さが目安です。

3.塗布の方法

ヘナの塗り方も2通りご紹介します。

ドレッシングボトルで塗る場合

塗りたい箇所にドレッシングボトルの先をおいて、ヘナを出してください。そして、ドレッシングボトルを持っていない方の手でよくもみ込みましょう。このとき頭のてっぺんから塗っていき、髪をトップにまとめていくとやりやすいです。

手で塗る場合

指で髪を分けて、手ですくったヘナペーストを塗ってください。これもトップから塗ってまとめていくとやりやすいです。どちらの方法でもたっぷり塗ってください。

4.5.6.放置の仕方と注意点

顔にヘナペーストが垂れるのを防ぎましょう。額周りや襟足周りなど顔と塗った部分の境目にティッシュやキッチンペーパーをはります。最後に乾燥防止でシャワーキャップやラップを巻いてできあがりです。

こちらにティッシュの貼り方、ラップの巻き方の動画がありますので参考にしてください。

 

注意点としては、たっぷり塗ること、しっかり放置時間を置くこと、流すときにシャンプーをつけないこと(トリートメントはOK)です。

ハナヘナを流すときのコツ

ここまでくれば染め方はご理解いただけたと思います。

それでは最後に流すときはどうしたらいいの?シャンプーしていいの?を解説します。

ハナヘナナチュラル単品で染めるとき

ハナヘナナチュラルで髪を染めるときは髪がごわついて気になる場合はシャンプーしてもかまいません。ヘナのオレンジ色素は一度髪に入るとまず抜けません。シャンプーで落ちる色はどのみち数日のうちに落ちてしまう表面に付着したていどの色素です。ただしあまり強くはしすぎないようにしましょう。

トリートメントは使ってもかまいません。ハナヘナのあとはトリートメントのなじみがいいのでつけすぎてべとつかないように少量にしましょう。

ハーバルブラウン、ハーバルマホガニー、インディゴで染めるとき

これらのハナヘナで染めると、染めたては緑色で1~2日たつと望みの色に変化します。この色の変化があればシャンプーしてもかまいません。色落ちはほぼしなくなっています。ですので染めたてはシャンプーはしないようにしてお湯洗いにしてください。濡れた時間が長いほど発色はきれいになります。

トリートメントは使ってもかまいません。髪がごわつく場合はシャンプーではなくトリートメントで解消してください。

乾かし方は?

ハナヘナナチュラル単品で染める場合ならいつも通りに乾かしましょう。

ハーブブラウン、ハーバルマホガニー、インディゴをつかって染めた場合はできるだけ自然乾燥、または八分ドライくらいにしましょう。インディゴの色素は水分がある時間が長いほうがより一層きれいに染まります。

セルフヘナにビビりは必要なし!

ヘナのセルフ染めは、市販の白髪染めと使い勝手がかなり異なるので、はじめは苦労するかもしれません。しかし、一般のヘアカラー剤とちがい、ヘナの薬液そのものは害のある刺激性物質ではないので、少々肌についても問題ありません。ヘアパックをするイメージで、気軽にハナヘナセルフ染めを楽しんでみましょう。