用途・目的別で選ぶ

ハナヘナ・ナチュラル

染める

100%天然のヘナとインディゴを様々な比率で混ぜています。ご希望の色味に合わせてお選びください。


ハナヘナ・ナチュラルお得セット

ハナヘナお得な6個セット

ハナヘナに慣れてきた人向けのお得なセットです。100gパウチ5個で1個プレゼントしちゃいます。お好きな色をどうぞ☆


Do-Sシャンプー

ヘナと相性のいいシャンプー

ハナヘナの染まりがもっともよくなるシャンプーをそろえました。ご希望の仕上がりやライフスタイルに合わせてヘナと合わせてご利用ください。


Do-Sトリートメント

ヘナと相性のいいトリートメント

ダメージを受けた髪にぴったりなトリートメントやハナヘナとの相性のいいトリートメントを揃えました。ダメージの程度に合わせて洗い流さないトリートメントも一緒にお使いください。


ヘアケア・スキンケア

スタイリング剤やスキンケア用品はコチラです。ヘアケアの基本のセットもご用意しました。


ハナヘナを初めて利用する方へ

ハナヘナって何? どんな成分なの? という人のために、ハナヘナについてまとめました。

   

   



全国の美容室でもっとも選ばれたヘナを通販ショップで

ハナヘナで本来のあなたの美しさをとりもどす。

鏡の前のあなたは、本当のあなたでしょうか。

毎月の白髪染めで肌も髪の毛もボロボロ…白髪はなくなっても傷んだ肌や髪は年齢を感じさせてしまいます。

ハナヘナなら髪も肌も傷めずに白髪を染められます。

『私は今が一番きれいだ!』

ハナヘナはそう感じさせてくれます。

永く、きれいな髪と付き合っていきましょう。

ハナヘナ、DO-Sヘアケア剤の使用説明書つき

髪の屋 菅野 HANA HENNA SHOP(通販サイト)ではハナヘナやDO-Sシリーズの商品にわかりやすい使用方法説明マンガを おつけしています。使い方の参考にしてみてください。 

ハナヘナ、DO-Sシリーズの疑問・質問はこちらから↓

   

ヘアサロン卸売りについて

ハナヘナをお店でつかいたい理容師様限定のショップもご用意してあります!

髪の屋 菅野もおなじ理容室…ハナヘナをどうやってお客様につかっていくのか?

そういったご相談にものります。

お気軽にご登録下さいませ。

ブログでヘナ情報チェック!

ハナヘナナチュラルのローソニア含有量は??ってかローソニアってなんなの??

ヘナをしたい!というとハナヘナでは基本的にヘナナチュラルのことを言います。

これはヘナの木の葉っぱだけを乾燥・粉末にして製品にしたもの。

色でいうとオレンジ色。

それ以外はありません。だってひとつの木からいろんな種類の色が出て来たら気持ち悪いでしょ(笑)。

このオレンジ色を髪に使ってみたら白髪がきれいに染まったので白髪染めに使い始めた、それだけのことです。

それが一般にいう【ヘナ染め】です。

ローソニアってなに?

ローソニアとはそのヘナのオレンジ色の色素成分のこと。

化学式にするとこういうもの。これが髪の中に入ってたくさん結合(重合)して色落ちもほぼなくなっていきます。

白髪染めとしてヘナは使われているので単純にこのローソニアの濃度が高いほどしっかりオレンジに染まります。

だからローソニア濃度ができるだけ高いヘナを使いたい!というのは確かにわかる話。

ただしそこには落とし穴があります…。

①ローソニア濃度が高くても染められる素材(髪)がよくないとダメ

こちらハナヘナメーカーである岡本氏による記事。

ハナヘナのローソニアの含有量を教えてください

こちらにもありますが髪自体が汚れていたり日々のシャンプーやトリートメントによる皮膜があれば染まりにくくなります。

だって自然のものですから。

はげしい化学反応で髪を染めるふつうのアルカリカラーなんかとちがって素材の影響をモロに受けるんです。

ただただ染みこむだけですからね、ヘナは。

DO-Sシャンプー&トリートメントをつかったすっぴん髪でないとどれだけ濃度が高くても染まりはよくなりません。

②使い手の加減で濃度は変わる!

そう、そもそもこれです。

ヘナのローソニアの多い少ないなんてまがいもののヘナ(アワルに化学染料混ぜてるようなヘナもどき)でさえなければ、誤差なんか何%も違わないです。

そして製品としてのヘナはそのメーカーの製法によってねばりも変わってくるんですね。

基本的には新鮮なヘナほど粘りは強いですが、その年のヘナの出来によってもちがってきます(ローソニアの量もね)。

ということは粘りがちがったらヘナを溶くときの水の量もかわってくるんです。

粉に対して3倍量の水でほどよい粘りのときもあれば4倍でいいときもある

もちろん水の量が少ないほど濃度は上がりますがそのぶん髪に浸透しづらくなることも考えられるのでどっちが染まりがいいかは謎です。

髪質によっても変わるしね。

そう考えると、ローソニアの濃度はさほど重要ではないというのがわかるのです。

ヘナを選ぶのに重要なポイントとは?

そもそもなんのためにヘナで白髪染めするのか?

ということを考えてみましょう。

白髪をできるだけ濃くしっかり染めたいなら迷わずアルカリカラーをするべきです。

人間の手で白髪を染めるためだけに作られたモノだからです。

目的にいちばん合ってるんですね。

 

でもヘナはちがいます。

 

たまたま自然にあったヘナの葉っぱを水に溶いて髪につけたら白髪が染まった。

それを白髪染めにつかった。

白髪を濃く染めることが目的ではないんです。

あなたが白髪染めにヘナをつかう理由を体にやさしく白髪染めを染められるからではないんでしょうか。

だとしたら、ヘナを選ぶポイントは本物の天然100%ヘナかどうかの方が重要なんです。

そしてそれに携わっている人間がそれをわかって教えてくれるのか。

信頼できる人が取り扱っているのかどうか。

 

髪の屋 菅野ではハナヘナで毎月50人以上のお客様が白髪を染めに来店されます。

お店に来られない方にもハナヘナをつかってほしくてネットショップもしています。

ハナヘナと当店を信用して頂けるとうれしいです☆