全国のプロの美容師が認めたただひとつのヘナが『ハナヘナ』です。ハナヘナってなに? 他のヘナとどう違うの? 使ったらどうなるの?? ハナヘナの基本的な知識とよくある質問、効果、関連ヘアケア剤についてまとめてみました☆

『五分でわかるハナヘナマンガ』を作成しました。

ヘナ坊がヘナとハナヘナについて教えてくれる漫画です。続きは下の画像をクリックしてください☆

ハナヘナ漫画

ハナヘナってなに?

栽培中のハナヘナ

たまに美容室や美容に詳しいお友達から『ヘナはいいよ~』みたいなこと聞いたことありませんか? 『髪にはいいらしいけど結局何なのかよくわかんない』…そんな人、多いみたいです。

ヘナとはインド原産のミソハギ科の植物で葉っぱを乾燥・粉末にして水やお湯で溶かしたものを髪に塗って使います。何千年も前からインドなどでは白髪染めとして使われてきました。

ヘナは白髪をオレンジ色に染めます。 白髪が病気の一種だと思われていた時代ではヘナは治療薬として使われていました。クレオパトラも髪や爪を染めていたそうです。

悪ヘナ(ケミカルヘナ) vs 良いヘナ(ハナヘナ)の歴史 

日本では、ヘナは30~40年前からありましたが、当時は粗悪なヘナしか輸入されておらず、『ヘナは染まらない』という認識が広がってしまいました。 それをどうにかしようと、ヘナメーカーや現地のヘナ工場が天然ヘナをうたいながら様々な化学染料を混入させ染まりをよくしたのです。

これがいわゆるケミカルヘナで、天然100%のヘナだから安心だと思って使った使用者に健康被害を与え、ついには国民生活センターに指導されました。

現在でもたくさんのヘナメーカーがありますが、一部のメーカーではかつてほど害のある染料ではないものの依然としてヘナとケミカルヘナを混同して売っています

問題を解決しようと誕生したのが「ハナヘナ」です。ハナヘナは一人の美容師によって作られた『本物のヘナ、混ざりものなしのただのヘナ』です。上記のようなヘナ業界に嫌気がさし、自分でインドに赴いて本物の天然100%のヘナ・ハナヘナを作り上げました。

ハナヘナはヘナの染める力を最大限に引き出した手選別ヘナになっています(後述します)。
ハナヘナは全国のプロの理美容師が選んだ、もっともよく染まり、かつ天然100%のヘナと認められているお墨付きがあります。他メーカーのヘナは、そのヘナがどのようなものか自分で説明、検証して発信することしかできません。

全国の理美容師が毎日仕事でハナヘナを使い続けていることはその品質の証明の1つでしょう。もしハナヘナがケミカルヘナであれば悪評が瞬く間にブログやSNSによって日本中に広がるでしょう。

インターネットの検索でハナヘナと打ち込めばわかるように、毎日ブログなどでその良さと天然100%であることを第三者が発信してくれているのです。
それがハナヘナの良さ=信用です。

手選別のヘナとは?

ヘナは、ヘナの葉っぱを乾燥し砕き、粉末状にすることで製品となります。 これを水やお湯で溶いて髪に塗って使うわけですが、より濃く白髪を染めるには含まれる色素量のもっとも多いヘナの葉の部分だけを粉末にすることが重要です。

ヘナの製造工場が市場からヘナを仕入れるとき、袋にはヘナの葉と枝、茎や小石、砂などまざっています。 一般的には機械でそれらをふるいにかけて選別するのですが、それでも不純物は混ざっています。

ヘナのクオリティーを上げるにはどれだけ不純物を取りのぞけるかというのが肝心で、最新機械を使うのも重要ですが、ハナヘナは最後に人間の目と手で取りのぞいていきます。

写真は機械選別後、ふるいにかけてさらに手選別を行っているところです。手間も時間もお金もかかります。 しかしそれはハナヘナの価値を高め、できるだけお客さまに満足していただけるヘナを作るのに欠かせない作業なのです。

↑左から選別前、機械選別、手選別のヘナです。 一番右の手選別ヘナは枝や茎がなくなってきれいですよね。この後グラインダーにかけて粉にします。

不純物が混ざるほど色素濃度は下がりますし、グラインダーにかける工程で機械に負担がかかり熱が発生しヘナの質を下げます。 こうして作られたハナヘナナチュラルは染まりが非常によく、香りや粘りも他製品とは比べ物になりません。 ちなみにインディゴも同じように手選別工程を経ています。

美容のプロたちが選んだヘナが手選別ヘナ(ハナヘナ)なのです

『ハナヘナ』と『ヘナ』は違います!ハナヘナは証明済。ヘナは未証明

ハナヘナは『天然ヘナ100%のヘナ粉』で、ヘナは『天然100%かも?のヘナ粉』ということなんです。一般的なヘナには、どうしても『?』がつくんです。

メーカーは知ってか知らずか、白髪染めにはイマイチなヘナにこっそり化学的な染料を足したり、枝や小石の混ざった純度の低いヘナを使う。はたまたヘナによく似たまったく染まらないが安価なハーブの粉に意図的に化学染料を入れてヘナとして売る…。

こういうことが起きてきたのがヘナ業界なのです。

一方、ハナヘナは純粋なヘナを限界まで純度を高めたもっともよく染まるヘナです。純粋な天然100%ヘナ粉なので、年によってヘナの出来に品質は左右されますが、こういうところも天然100%を証明していますよね。

髪の屋 菅野ハナヘナショップでは、これからも嘘やごまかしのない正直なヘナを提供していきます☆

初めてハナヘナを試す方に、おすすめしたいハナヘナブラウン100g(約2回分)

ハナヘナ ブラウン

白髪が自然なブラウンに染まるので初めてハナヘナを使う人におすすめしています。

ハーブブラウンは、ハナヘナナチュラルとインディゴを4:6で混ぜてあります。インディゴはハナヘナナチュラルと同じ製法で粉末にしたもので、インディゴ単品では藍色に染まり、ハナヘナナチュラルと混ぜることで白髪が自然なブラウンに染まります。 この色味なら初めてハナヘナをするのにもチャレンジしやすいです。

⇒ ハナヘナブラウンの詳しい商品詳細はこちら


関連記事

ハナヘナすると、どんな感じになるの?そんな疑問にお答えする、ハナヘナ使用前後の写真例を載せてます!下の写真をクリック☆

ハナヘナ写真